化学流産と妊娠の関係


女性の体は避妊をしないと80%の確率で受精をします。しかし妊娠まで至るのはその半分以下で着床するのは20%になるのです。つまり化学流産とは避妊をしないで性交を行っている方であれば誰でも起こる状況であり、それで妊娠をしていなければ化学流産が連続して起こっている状況でもあります。

化学流産とは化学反応を行う妊娠検査薬から名称を貰ったものです。陽性になるのに妊娠はしていないということでこれになったのです。妊娠を意識している方であれば少しでも生理が遅れれば妊娠したのではないかと思い、検査薬を使用してみると思います。

最近は検査薬の精度が上がったため受精をした段階で出るホルモンに反応して陽性となるようなので妊娠したのだと勘違いしてしまうのです。

しかし生理は来てしまうのでフライングだったことが分かります。妊娠を望んでいるのであれば喜びと悲しみが一緒に来てしまうのです。

化学流産とは妊娠を望んでいる方にとっては非常に厄介な問題であり、精神的なダメージも大きくなってしまいますので出来れば生理が少し遅れても最低1週間は検査薬の使用を待った方が良いと思います。

生理予定日の1週間後以上に検査薬を使用して陽性反応が出れば間違いなく妊娠していると言えるのですぐにでも病院に行ってみましょう。化学流産とは重い生理に似た症状が出ます。

妊娠を意識している方が化学流産を繰り返すことで不育症を疑う場合がありますがそれは全く気にする問題ではありません。化学流産とは流産の一種ではありますがカウント数には入らないので妊娠したのに妊娠状態を保てない不育症とは全く違うものなのです。

化学流産の原因


原因の一つとして黄体機能の働きが十分でないために子宮内膜が着床しずらい状態になっている場合があり、この場合であれば運動不足やストレスが原因になっていることがあります。

軽い運動を毎日続けたリラックス状態を保てるようにしたり冷え性を改善するだけでも妊娠しやすい体作りになるので化学流産の改善にも繋がると思います。

お母さんとなる方自身の心持次第で妊娠出来るか否かは決まってしまうので、あまり気にしすぎないようにしてリラックスした気持ちで子作りを頑張っていきましょう。

子供は授かりものなので人間がコントロールすることは出来ません。妊娠を望むのであればその命を大切に守っていけるように今から努力していきましょう。


 ショッピングモール&検索サイト〔推奨ランキング〕
 1位 googleショッピング(優れた機能で、ネットショップを横断検索)
 2位 楽天(国内最大級のショッピングモール)
 3位 Moshi★Market(全商品8000円以上で送料無料)
 ・当サイトで悩みが解決しなかったら・・・yahoo知恵袋が便利
 ・〔助け合いの心〕東日本大震災に関する情報